被害拡大を防ぐはやめのイタチ駆除

subpage01

可愛い顔をしているため、見かけたとき安易に近づいてしまう人もいますが、結構凶暴なところもあって、噛まれる恐れがありますから、姿に騙されないで近づかないようにしましょう。農作物を荒らされることもありますし、家の天井裏などに住み着かれてしまうと巣作りするため断熱材をボロボロにしてしまうこともありますから、そのまま住まわせてあげるのではなく、イタチ駆除を行いましょう。
法律により、誰でも好きな時に捕獲することができないようになっています。

イタチ駆除に関する情報満載です。

とくにメスの場合は注意が必要で、捕獲して処分ということはできず、追い出して近づかないようにさせる対策をする必要があります。捕獲したい場合は、狩猟許可を得た人がきちんと申請を行い、捕獲器を設置しなければなりません。

業者に依頼せずイタチ駆除を行うためには、安全に対策が行える忌避剤を使ったり、超音波で追い払う方法があります。



忌避剤はただ撒けばいいものではなく、巣の場所を特定し、そこからある程度距離のある所から撒き始めないとうまく追い出すことができないため気を付けましょう。


超音波も、設置どころを誤ってしまうと、効果が期待できなくなってしまいます。作用する範囲があるので、よく説明をみて設置することが成功させるポイントです。



イタチ駆除を終えたら、住み着かれていた屋根裏などをしっかり確かめて、清掃や補修を行いましょう。
断熱材がはがれたままだと、室内に外気の温度が伝わりやすくなったりしますし、汚れたままだと家が腐食したり雑菌が繁殖する危険もあります。